cherunobuiri
事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に 生物学者「放射能よりも人間の存在が悪影響」
1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故が起こってから、今年で30年。人類史上最悪と言われた原発事故の現場周辺に設けられた立入禁止区域は、今ではあらゆる種類の動物たちがすむ楽園となっている。

見つかるのは、ヘラジカやシカ、ビーバー、フクロウ、ほかにもこの地域には珍しいヒグマやオオヤマネコ、オオカミまで多岐にわたる。高い放射線量にも関わらず、人間による狩猟や生息地の破壊に脅かされることがないため、動物たちは数を増やしていると考えられる。

現時点では、ウクライナとベラルーシにまたがる立入禁止区域内の動物たちの健康状態について、専門家たちの意見は分かれている。米ジョージア大学サバンナリバー生態学研究所の生物学者ジム・ビーズリー氏は、4月18日付「Frontiers in Ecology and the Environment」誌に論文を発表し、ベラルーシ側にすむ大型哺乳類の数が事故以降増加していると報告した。

via:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010002-nknatiogeo-sctch

Sponsored Link



ネットの反応・世間の反応

・福島はどうなるんかな

・人間さえいなくなれば・・・・それこそが地球の意思だ!

・結論=人間が悪い

・よく見たら間接が逆に曲がる動物とかいるんでしょ?

・動物信仰かね
鹿に占領されて地面に草ひとつ生えない島に行ったら
必ずしもだけ動物が多ければ良いということではないと思うけど

・これ見れば放射能より人間の方が生態系に悪影響を及ぼしてるんだな

・野生動物は体調に急激な影響を感じなければ放射能なんて気にもしていないだろうし
影響あってもそのうちに適応個体が出てきて増えて行く
自然界ってのはそういうものだからな

・爆破直後は全部死んだんだよな
そこから増えた

・放射能まみれの大自然!!

・廃墟マニアには堪らん光景だろうな
気分はフォールアウト!!

・放射能が撒き散らされても文明が衰退するだけで済むんだな
行き過ぎたテクノロジーの結末が野生に還る事だなんて皮肉

・人間だって別に寿命が30歳になったとしても数は増やせるぞ。

・ナウシカの世界の様だな

・腐海の森じゃw

・そりゃあ人間という地球上で最も悪質な生物がいなくなれば
自然回復するのは当たり前

放射線有害だが、環境破壊の影響度いえば
人間>>>放射性物質

・何をどこまで危険と位置付けるのはわからないが
何もかも亡び去って生き物は死に絶えるという不毛のイメージとはまた違っていたということだね
実際は農薬なんかの方が生態系に影響大きそうだ

・「チェルノブイリ国立公園」みたいな状態か

・福島はガラパゴスのような楽園の地へ

・福島も楽園になるんだろうな

・自然破壊なんて人間の傲慢も甚だしい
人間がいなくなればあっというまに自然が文明の痕跡を飲み込んでしまう
地球にすれば瞬きするほどの短い時間だ

・ネズミやゴキも毒に耐性もちだして
昔効いてた毒が効かなくなってきてるし
放射能にも耐性できるようになるんじゃないかな
そのうちガミラス人みたいに放射能がないといけない状態にまでなる

・まあ、
放射能より

PM2.5のような大気汚染のほうが
実害あるしなあ

・放射能が体にいいわけがない
ただ、生命は40億年近く放射能と向き合ってる

化学物質や電磁波などの新たな脅威の方がよっぽど危険だという意見もある

・いや人間だって適応するが、たとえば寿命30年で死ぬようになるが
それでよいかという問題だな

・強い放射能の有意な悪影響が出る野生動物はゾウみたいに
寿命が人間並みに長い、ごく一部の動物ぐらいじゃないかな
大半の動物は一世代のサイクルを考えたら放射能の影響が出る前に寿命が来ちゃう

・福島沖もしばらく禁漁状態になって、えらく魚が増えたというからな。
朝鮮半島随一の自然の宝庫は38度線の非武装地帯(DMZ)だったり。
ヒトの干渉がないのがいちばんなんだな。

・人類さえ駆逐できれば自然は急速に蘇る

・放射能のおかげでうざい人間おらんようになって
放射能さまさまやで