usj_gomi
2016年5月8日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

〜USJ初体験の夫の両親を案内するべく車で走行中、義父が「あっUSJ見えたよ!」と一番乗り!みたいな声を上げたが残念ながらそれは大阪のゴミ処理場だった。義父は「ちがうの?」と恥じ入っていたけれどあんなの間違えて当然だ。〜

写真にはなんだか楽しそうなカラフルな建物が写っている。かなり巨大な施設のようだ。右側の青い塔の上には、金色の丸い帽子のようなものも飾られている。USJ初体験の義理のお父様が「あっUSJ見えたよ!」と声を上げたというが、もっともな話だと思う。

「残念ながらそれは大阪のゴミ処理場だった」というコメントが添えられており、「あんなの間違えて当然だ」とも付け加えられている。

ここは大阪市此花区にある「大阪市環境局舞洲工場」だ。ユニークな外観はオーストリアの芸術家、フンデルト・ヴァッサー氏(1928年~2000年)のデザインによるもの。画家であり建築家でもあるヴァッサ-氏は、自然と調和した建築をめざしていた。 (抜粋)

via:http://dailynewsonline.jp/article/1128104/

Sponsored Link



ネット・世間の反応

・悪趣味w

・デザイン料が凄くて批判されてなかったっけ?

・ガウディ?

・キョーレツすぎる

・グルグル回るベッドや、カプセルが飛んでくるエアシューターはあるのかい?

・ドン・キホーテみたいに安っぽい

・しかしだな、バブルのムダ使い、なんて言われてきたが、
今となっては新興国の見学の耐えない工場なんだぜ。

あれだけのことができたのは、
ゴミ処理業界に生きる世界が大きいから。
これは日本独特に育んできた独特な社会システム。
貧富の差が大きな社会の低層にこれを持ち込むと、
とても社会がスムーズに回り出す。雇用も生まれ省エネで発展も続く。
お陰で借金まみれのお役所の技術輸出まで生まれている。

なにがどうなるか分からんよなぁ・・・
いまゴミ下水でお役所が儲かってるのは北九州・大阪・横浜くらい

・夜見たら不気味なんだよな

・この奇抜なデザインのおかげで
世界から注目されてんだよな

・そのままゴミ処理場見学ツアーに
参加しろ
USJより為になる♪(o・ω・)ノ))

・目がチカチカする

・工場見学が、RPGみたいなんだっけw

・ウィーンにも似たようなのあるよね
って本拠地か

・万博が大阪であってよかったなあとしみじみ思えた
太陽の塔は大阪じゃなくちゃ

・税金の無駄遣いだろ。
市民団体仕事しろ。

・ゴミ処理場のネガティブなイメージを払拭するためって試み自体は良いとは思うけどね

・みろ!税金がゴミのようだ

・スターウォーズでも処理場に落とされるシーンとかあったやん

ああいいのを大阪ではじかに体験できるんやろ、さすが大阪やな

・この焼却場のおかげで大阪市はゴミ分別なし