ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州知事のヴィンフリート・
クレッチュマン氏は同州で洪水被害に遭った地域を訪れた。
この時の同氏の発言が現在話題となっている。

州知事が洪水被害の現場を視察

「お金を持って来ることはできないのです」とネガティブな
発言を洪水被害に遭った自分たちの家を失った人たちの前で
ドライに言い放った。同氏はこれまでに、難民・移民が
ドイツの国の健康保険に簡単に加入できるシステムを提唱していた。
自国で税金を納めている人よりも難民を優先したいのが同氏の意向のようだ。

ドイツに入ってきたほとんどの難民は特別資格や技術を持っていない人たちだ。
緑の党はこの人々に社会適応、職業訓練などのために多くのお金を投資しようとしている。
このお金はどこから来るのか?
もちろん市民が税金として納めているお金だ。
それらにかかるお金は約1.5兆ユーロ言われる。忘れてはいけないのは、
この難民問題の前に、ギリシャの金融危機での融資、国内の高い失業率対策、
不足する幼稚園・保育園問題、問われる年金問題がある。
これらを考慮して、果たしてそれだけの大金を難民問題に支出できるというのか?

Sponsored Link



ネットや世間の反応

緑の党は本当にドイツを破滅に導くつもりだ。

今年の3月に選挙があったことを忘れないで欲しい。そこでこの知事を選んのは州の人達。

今ドイツの政治家は自分の利益しか考えていない。

今ドイツでは反ナチスの動きが台頭しはじめています。彼らの意向に反する発言をすると叩かれます。

緑の党は麻薬で頭がおかしくなった人の政党。

最悪の状況だよ。自国の女性は移民の男共に犯され、何か言えば、「ナチ」と反論される。。。

ドイツがイスラム教徒に征服されるのも時間の問題。

現在のドイツを始めとしたヨーロッパでの難民・移民受け入れをどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...