ブリュッセルの空港・地下鉄テロ後に人々の注目は、
同国にあるティアンジュとドエル原子力発電所に集まった。
なんと、テロリストが原子力発電所をも標的にしているというのだ。

ティアンジュ原発

テロ事件後にベルギーメディアを始め、ドイツのメディアなどは、
ティアンジュ原発で、作業員が避難されているという情報を流した。
しかし、後に電力会社のエレクトラベル(Electrabel)はこれを否定。
数人の従業員は家に帰したが、必要な作業員は発電所に残っているというものだ。

原発テロ関連ニュースは左翼メディア
反原発活動家にとって格好のネタ

その後には、ティアンジュ原発で働いていた11名の作業員へ
発電所への立ち入りを禁止したという報道が流れた。
実際になぜ、こういった処分が下されたかは、明らかにされていない。

推測される筋としては、これあら従業員がトルコやアラブ系出身の人間であり、
テログループあるいは、イスラム国と繋がっている可能性があるとして、
上記処分を下した可能性がある。

Sponsored Link



ベルギーの両原発は、昨年から頻繁にメディアに出る様になっている。
特にティアンジュ原発はオランダ、ドイツの国境と近いために、
その両国のグリーンピースなどの反原発活動グループによって、
度々批判の対象になり、原発に関連したニュースが出るたびに、
原発の稼働停止を求めている。

フランス、ベルギー、チェコから電気を買うドイツ

ドイツが福島の事故後に、メルケル首相は2020年までに国内
原子力発電所の稼働を止めることを約束した。
おそらく、ドイツはこれを実現できるだろうと見られている。
なぜならば、隣国から電気を買っているからだ。

ドイツに対して、原発大国と言われるフランスや、ベルギー、
チェコから購入しているドイツ。
この電気は原子力発電所で生み出されたものだ。
ヨーロッパ全土での原子力発電所稼働停止が、
本当の脱原発なのではないだろうか。

一連の原発報道に関する世間の反応

・今こうやって簡単に使えている電気がどこから来ているのか冷静に考えたい。

・反対反対という人の気持ちはわからない。だったら、代替え案を先に提示して!

・ドイツは大変だな。原発止めて、電気代上がって、難民も今たくさん来ているから出費がかさみますな。

・SEALDsって、安保反対の後は、反原発運動してるのかな?

・いずれにしても今回のテロ事件で、ベルギーがどれだけ、テロリストに甘い国かわかったよ。

参照:
Welt
Twitter

あなたは原子力発電をどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...