ジョニーデップの妻のアンバー・ハードの青あざの頬の写真は
世界中にショックを与えた。あの米スターがまさかの家庭内暴力を
ふるっていたのか!?15ヶ月という短すぎる結婚生活だった。

アンバー・ハード

ハードはすでに離婚届けを提出している。
理由は家庭内暴力としている。
しかし、アメリカのメディアによれば、実際にデップがハードに
暴力をふるった証拠がないとしている。

US Weeklyによれば、暴力があったとされる晩に警察が到着した時には
デップはいなかったとしている。また、警察官もそのカップルの家庭内暴力の
前兆などは見られなかっとしている。
現場に訪れた警察官は、家庭内暴力は起こっておらず、
それゆえに現場を後にしたレポートを書いていた。

ジョニー・デップの麻薬中毒が今回の件と関係するのか!?

ハードによれば、ジョニーデップは結婚してからの約15ヶ月間
ほぼシラフの状態にはなかったと主張する。映画の撮影時を除いて。
さらには、ハードはデップが口止め料としてお金を差し出したとも主張する。
それのビデオでの証拠は存在するようだ。

裁判所の判決で、現在デップはハードに100m以上の距離を近づいてはいけない
ことになっている。これに対してデップの弁護士は、ハードはデップからお金を
取ろうとしていると主張する。肝心のデップは現在自身のバンド・
ハリウッド・バンパイヤスのツアーでヨーロッパを回っている。

Sponsored Link



各国の反応

デップがハードの顔にiPhoneを投げつけたとされる

結婚から約1年後に夫婦生活への終止符が打たれる