中国の洗濯機の洗剤のテレビCMで黒人が差別されているシーンが
世界中で話題になっている。特に欧米では肌の色に関する表現に関しては
非常にナイーブなテーマとされているために、この広告に対する大きな批判が集まっている。

中国のCMが黒人差別

このCMの中にアジア系の女性が映され、その後ボーイフレンド見られる
黒人の男性が登場。男性の衣服はペンキなどで汚れている。
女性は男性を招き寄せるが、突然洗剤と思われる緑の物体を男性の口に入れ、
男性を洗濯機に無理やり押し込む。
洗われる男性の叫び声が聞こえ、その後洗濯機から出てきたのは、
白い肌のアジア系の男性だ。CMの最後には白く選択されたシャツが登場。
この洗剤がいかに汚れを落とすかをアピールしている。
しかし、汚れを落とすことと、黒人男性の肌との関係性は一体何なのか?
これは世界的に批判が集まっても致し方ない広告と言えるだろう。

問題の中国メーカーのテレビCM映像

Sponsored Link



ネットや世間での反応

ネットや世間での反応

これは完全に人種差別だろう。

中国人って肌の濃い人種を下に見ているよな。

そのうちアフリカ系アメリカ人が復讐として、
だめな洗濯機の例で黄色人種が出てくる広告を作るんじゃないか。

中国人アメリカとかヨーロッパで狙われるぞ。

自分たちが猿みたいだということを忘れてしまったんだな。

この脚本をメーカーも制作会社も何も言わないで撮影にもっていったことがショックすぎる。