フランス・パリやベルギー・ブリュッセルで相次ぐテロ事件や
リゾート地で人気のチュニジアなどでの政情不安定から
それら諸国へ旅行する観光客は目的地を変えている。

マヨルカ島で反観光客運動

その中でもマヨルカ島への観光客は増えている。
この増加により、マヨルカ島の夏場の別荘の家賃は世界の中で
最も高い金額の一つになった。一泊平均256ユーロされ、これはパリ、
ニューヨーク、東京のそれよりも多いものとなる。
マヨルカの州政府は、これを受けて、観光税を増加を決めた。
これで、例年と同じ観光客来訪を狙う。

経済低迷に悩むスペインにとっては、いいニュースであるように聞こえるが、
マヨルカ島の州都のパルマ・デ・マヨルカでは、逆の動きが起こっている。
中心地にスプレーで壁に「観光客は家に帰れ、難民はウェルカム」と書かれた。
誰がこれを書いたかは明らかにされていない。
グラフィティーはすでに市庁舎などの壁からは除去されたが、
私有地の壁に書かれたものは、市は負担しないようだ。
また、記念保護されている場所に書かれたものグラフィティー除去には
多くの時間がかかるとされる。

Sponsored Link



via: https://www.travelnews.ch/destinationen/2272-tourist-go-home-kippt-die-stimmung-auf-mallorca.html

海外の観光客の反応

家に帰らないといけないの?

ていうか、こんだけ観光客が来て潤ってるんだからありがたく思えよ。
来年はこんなに来ないかもよ。難民を受け入れるならねw

今年の夏にマヨルカに行こうと思ってるけど、もし反観光客の雰囲気がすごいならやめようかな。

マヨルカに行くアイデアは90年代にすでに消え去ったよ。。。

酔っ払いとか増えるのはやだよな。島の人の気持ちもわかるな。

僕のリストでは、イスラム系の国は完全にないな。

忘れてはいけないのは、観光客をお金を持ってきて、難民はお金を食うだけ。。。

もちろん、マヨルカは観光客のいない、難民島を実現することはできるけどね。

マヨルカにはいかないな。

参照:Welt