今年6月に東名高速で、トラックがワゴン車に突っ込み、夫婦が死亡し、
娘二人が怪我をした事故で、この追突事故を招いた容疑で、
福岡県の建設作業員の石橋和歩容疑者が逮捕された。

東名高速事故

石橋和歩容疑者(25)には自動車運転死傷処罰法違反と暴行の容疑がかけられている。
この事故で、静岡県の車に萩山嘉久さんと妻の友香さんが死亡し、
娘の2人は重軽傷を負っていた。

事故が起きる前にパーキングエリアの出口をふさぐような形で、
石橋容疑者は自身の車を止めていて、それを萩山さんたちは注意した。
そのことに腹を立てた石橋容疑者は、萩山さんたちを高速道路上で追いかけ、
無理やりに追い越し車線に停車させたと犠牲になった萩山さんの長女は話す。

Sponsored Link



長女によれば、石橋容疑者は、車から降り、萩山嘉久さんの胸ぐらを掴み、
「さっきのはけんかうってるのか、調子乗るんじゃねーよ、
高速道路にお前投げてやろうか」と罵声を浴びせた。
その後後ろから来たトラックに追突され、萩山さん夫妻はその後病院で死亡した。