porsche_1

ベテラン自動車評論家に何が起こったのか。

2016年4月11日午後2時55分ごろ、小田原市の有料道路「マツダターンパイク箱根」で、自動車評論家の森野恭行さん(53)が、ポルシェを試乗中、道路右脇の樹木に衝突。搬送先の病院で死亡した事故。

偶然居合わせた方がアップしたターンパイクでの事故現場の様子、事故前後の実際の映像が話題に。

Sponsored Link



事故に関するネット・世間の反応

・チャレンジしたんだな

・ポルシェのイメージダウンは免れないだろ
大迷惑だな

・借り物で事故、しかも自爆とか評論家として論外だろう

・新車から964に乗ってた人だけど、油断しちゃったんだな

・どういう運転してたんすかね

・あんまり可哀想だと思えない

・でも本当にポルシェに欠陥があったなら問題だな
前のマツダの自動ブレーキ事故は実際に欠陥があったんだっけ

・日本でキップ切られると、
「ヨーロッパでは、パトカーが追いかけてきて「いい車だね」と褒めてくれる。文化が違う!」

それが自動車評論家

・欠陥というかRRの構造的な問題は以前から指摘されてたんだが
まあRRじゃ無くなったらポルシェじゃないってユーザーが大半なんで
言っても意味が無いことなんだよ

・サーキットじゃあるまいしそんな高出力のエンジン要らないだろだいたい

・車一台乗りこなせないような下手くそが評論家名乗ってたのか
ブザマだな

・遺族はポルシェ全損の賠償しなきゃならんのか
金はあるんだろうけど、踏んだり蹴ったりだな

・下り坂でどんなテスト走行したんだ?

・911GT3Rでウェットの中無茶したらこうなるわ
まさかスリック履いたまま走らせてたんじゃないだろうな?
これは電子制御もなにもお助けグッズはついてないぞ
下手糞な乗ればあっというまにコース外に飛んでいくし簡単にスピンする

・クルマで速く走ることに憧れる時代じゃないんだよ今は
普通に走る分にはもう30年前からほとんど進化してない
北米の荒廃みてりゃ理解できるだろ
日本も販売台数悲惨なことになってるし
あとは合併合戦でまとまるしか生き残る道の無い産業
スポーツカーブーム再びとか渇望してるのは化石人だけ

・ターンパイクは俺の愛車の1500ccじゃ悲鳴を上げるぜ
ポルシェなら思いのまま走れるんだろうけど、車の性能とドライバーの技量があってなかったんだよな
ま、そんなの評論家なら分かってんだろうけど

・評論家より車の損失のほうがデカイな

・まっすぐ走るにはいい車なんだ

・評論家はレーサーと違って運転が
上手いわけじゃないからな

ここで前にも大破炎上する事故があったし
気を付けないと駄目だろ
自動車関連の仕事してるんだからさ

・ターンパイクの下りを重いクルマで走ると結構怖いよな
想像以上に加速がよくて