オランダのゲルダーラント地方にあるエデという町はモロッコ難民に
支配されようとしている。過去数十年の間に多くの移民がこの町に
住み着いた。特にモロッコからの移民が多く、彼らはこの町のフェルドハウゼン
というエリアにいわゆる並行社会を作り出した。

オランダの町が移民に乗っ取られる

移民の若者による強盗、暴力事件、性的暴力、放火などの重大犯罪の
件数は増える一方であり、そこに住むオランダ人は大きな不安を募らせている。
このことからエデ・フェルドハウゼンでは、夜の10時から朝の7時まで外出が禁止となっている。
ユトレヒトなどでもこれまでにこういった外出禁止措置は取られたことがあった。

また、空き家になっている建物などがモロッコ系ギャングの溜まり場となっている。
彼らは、12歳から22歳くらいの年齢で、50から60人の集団で行動する。
町の至る所では、彼らによって火がつけられ、完全に焦げた地元住民の車がある。

この事件に関するオランダでの報道

現在ヨーロッパの至る所で若い移民の男たちによる犯罪が大きな問題となっている。
しかし、ヨーロッパのメディアはその真実を伝えようとしない。
一番これに悩まされているのはもちろん、そこに住む住民たちだ。
これに対して、声をあげようものなら、「ナチスは出てけ」と言われる始末。
極端な人権主義が移民の並行社会構築と犯罪増加を手助けしているのではないだろうか。

Sponsored Link



ヨーロッパの反応

外出禁止とかなんかアメリカみたいだな。ついにヨーロッパにも拳銃が必要になってきたか。

トランプ2016!!

ヨーロッパは本当にアホだな。わけのわからないヒューマニズムをうたって、
いっぱい移民を受け入れた。一度受け入れたら返品できないからね。

ドイツもいつかこうなるんだろうな。お願いだから警察や自衛隊にムスリムのやつを入れないでほしい。

マルチカルチャーは素晴らしいね!

テロの標的は次はオランダかな。フランスから東に動いていってる。

メルケルだけではなく、イスラムも出て行くべきだろう。

本当にやばいことが起こらないと人々は動かない。
特に首都に住んでいる奴は平和ボケしているよ。

アンティファ、ロシアのプッシーライオットとか、オノヨーコはこういう犯罪好きだよね。

解決策はただ一つ、犯罪犯した移民は即刻強制送還。

ロンドンでパキスターニが市長になったのは大変な出来事。
そもそもロンドンに白人ってまだ住んでるのか?

移民に対して政府は優しすぎだよ。麻薬売買して黒いカネを稼いで、
脱税して、捕まっても次の日には釈放、また麻薬売買。
この繰り返し。でも俺ら市民は、税金払って、車放火される不安持って、
言いたいこと言えないみたいな。

期待することはただ一つ、フランスでルペンが首相に、
オランダはウィルダースが首相に、オーストリアはホーファーが大統領に、
ドイツはでも誰もいない。。。

現在のドイツを始めとしたヨーロッパでの難民・移民受け入れをどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...