ドイツ首都ベルリンでまたもや移民の男による暴力事件が発生。
この事件で、16際の少女とその友人が怪我を負った。
容疑者グループはまだ未だに捕まっていない。

ベルリンで移民による暴力事件が発生

2015年11月14日の夜23:30頃にベルリン市内のランクヴィッツ近くの
歩道で少女達と6人組のアラブ系のグループがトラブルを起こした。
すぐさまアラブ系の男達は少女達に殴りかかり、
16歳の少女は頭を怪我して、意識不明の状態に陥り、
一緒にいた20際の友人も頭に怪我を負い、一時難聴状態に陥った。
また、もう一人一緒にいた17歳の友人は顔を複数買いに渡って殴られ、
怪我を負った。

犯人グループは犯行後に、バス283線で逃走した。
警察は犯人の写真を公開し行方を追っている。

昨年以降ベルリンでは移民系による犯罪が後を絶たない。
クロイツベルクの人気エリアのコットブッサートアも最近では、
警察官や警備員が見回りをするほど治安が悪くなっている。
近くにあるグアリッツァー公園は数年前からアフリカ移民による
麻薬売買で問題なっているエリアだが、ここ最近では、近辺の
レストラン店員がお客に麻薬を売りつけようとするディーラーに対し注意をし、
暴力事件に発展するなどのトラブルも多発している。
このことからベルリン警察は、夜間に該当エリアにいる時は注意を払うことを促している。

Sponsored Link



ドイツの世間の反応

ひどい奴らだな。

てかなんで今更写真公開?遅すぎだろ。

やっぱり、警察は移民の犯罪をもみ消そうとしたな。

これは多分、ドイツ来たてのシリア難民かな。

一人白人みたいな男がいるけど、彼はドイツ人?

ランクヴィッツって住宅街だと思ってたけど、
一体何しに来ていたんだ。空き巣か?

ネオナチとアラブギャングが手を組んだ的な。

全員国外退去でお願いします!

現在のドイツを始めとしたヨーロッパでの難民・移民受け入れをどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...