パキスタンのイスラマバードで求婚を拒否した19歳の少女が
拷問を受けた上に生きたまま火をつけられて死亡した。
先日もパキスタンでは「軽く殴打してもいい」法案が提出され、
世界中に物議をかもしていた。

パキスタンのイスラム原理主義

パキスタンでは、過激なイスラム原理主義が台頭し、
男が上に立つ社会であり、女性への権利はないのが現状。
その中で今回少女が殺害されるという事件が発生。

パキスタンで最も影響力のあるとされるイスラム組織の
イスラム・イデオロギー評議会は先日議会にしつけとして、
夫が妻を軽く殴ることを許可する法案を提出し、
国際社会で物議を醸していた。

Sponsored Link



ネットや世界の反応

法律があろうがなかろうが、結果は同じ。
女性が逆らったら殺されるだけ。

このパキスタンのイスラム教徒の傲慢さは一体とこから来るのか?

イスラムの女は守るが、白人や他の宗教や人種の女性には何もしてもいいというパキスタン人のスタンスは理解できないな。

インド人、バングラデシュ人、パキスタン人、近いのになんでここまでメンタリティーが違うものか。

今ヨーロッパに来ている難民を見ると、若い男ばかりだが、
本当なら女性や子供が逃げて来なければいけない状況なんじゃないのか。。。

ロンドンにパキスタン人の市長が誕生した。
今後一体どうなっていくのか?