Fatah Chinan

33歳のリビア国籍の男・ファター・シナン(Fatah Chinan)は、
今月ベルリンのノイケルン区で48歳の女性を暴力を用いて性的暴行を加え、
重傷を追わせた容疑で現在ドイツで指名手配されている。

このベルリンの事件だけではなく、ドイツ各地で似たような難民・移民に
よる性暴力事件が相次いでいる。ドイツに現在とてつもない勢いで入ってきている
難民・移民の多くは18歳から35歳の間の男だ。
2017年の段階で、ドイツでは難民の間では女性よりも男性が20%多い割合となってるようだ。

2015年ケルンの大晦日でムスリム系移民集団の女性に対する性的暴行事件が
起こって以来、難民の犯罪は組織的に隠蔽されているという見方をする
ヨーロッパのメディアは多い。専門家によれば、難民に夜事件が連日報道されれば、
難民や外国人への暴力、差別事件が増える可能性があることから難民の犯罪に関する
報道が慎重に行われているとされる。

Sponsored Link



イエナ:今月10日には、仕事に向かっていた60歳の女性が、20歳のシリア難民の
性暴力の被害者となってしまった。このシリア人はすでに捕まっている。
また、驚くことに逮捕時に捜査官は容疑者から1.2グラムの大麻を見つけた。

ウィーン:同市内のホテルのバーで勤務するチュニジア国籍の男は、
常連の顔見知りの女性客が泊まる部屋の鍵の合鍵を作っていた。
日曜日の夜に女性が深夜3時半ごろまでバーでお酒を飲み、
そのバーマンと話をしていたようだ。女性が部屋に戻り、その男のシフトが終わった後に
女性客の部屋に合鍵で押し入り、暴行を働いたとされる。
しかし、女性は相当酒浸しになっていたためか、ほとんど覚えていなかったものの、
数時間に痛みに気づき、病院へ行き、その後警察に通報した。容疑者の男は現在勾留されている。

ボン:旧西ドイツの首都では、1月27日夜に24歳の女性が路上で黒い髪の大男に
胸元を触れる事件が起こった。男は違う外国語を話していたようだ。

現在のドイツを始めとしたヨーロッパでの難民・移民受け入れをどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...