ドイツ・ミュンヘンでショッピングセンター、地下鉄内を狙った同時テロが
発生した。このテロで多数の死者が予測されている。
地元警察の発表では、犯人は複数人おり、現在逃走しているとのことだ。

ミュンヘンで同時テロ発生

ドイツの各メディアに現地時間の18時過ぎにミュンヘンのショッピングセンターで
発砲があったと伝えた。その後、ツイッター上には、現場の多くの写真が投稿され、
犯人と思われるアラブ系の男が通り位にいる人々を発砲しているところを撮った
動画もアップされた。

犯行の動機などは明らかにはなっていないが、ドイツ国内では、
ドイツにもいよいよイスラムのテロが来てしまったことを懸念する声が聞こえてきている。
さらには、メルケル首相への非難の声もネット上には上がっている。

Sponsored Link




数日前には、ドイツ中部のビュルツブルク近郊を走っていた電車の中で
乗客が斧を持ったアフガニスタン出身の難民の男に襲われ重傷を負う事件が発生。
このうち2人は今もなお集中治療室にいる。
被害者のほとんどは香港からドイツに旅行で訪れていた観光客だった。

この容疑者の男はドイツに難民申請をし、庇護申請を受けることに成功、
その後国の援助をもとに職業訓練などを受けていた。
犯行後この男の家からイスラム国の旗が見つかり、
さらには、ドイツのメディアによれば、この男に関する文書が発見され、
実際はアフガニスタン出身ではなく、パキスタン出身であることも
明らかになった。アフガニスタン出身の方が難民庇護申請を受けやすいために、
国籍を偽装したと見られている。

これまでヨーロッパ諸国の中でも安全とされてきたドイツだが、
いよいよイスラムテロリズムの脅威が到来してしまったようだ。

現在のドイツを始めとしたヨーロッパでの難民・移民受け入れをどう思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...